社員メッセージ

プランナー

鈴木 淑子 2007年入社

お客様の人生に、深く関わる仕事。 「ありがとう」の重みが違います。

入社の決め手

人生の中で仕事をしている時間が1番長いので、やはり自分の好きなこと、やりがいを感じられることを仕事にしたいと考えていました。スペースアップを選んだ理由は、まさに自分がやりたかった仕事内容だったからです。また、実際に働いている社員さんが、生き生きして見えたのも決め手となりました!

CONY JAPANは、ベンチャー企業ならではの「成長できる環境」です。「自分次第で何でも挑戦できる」「会社は自分達が創っていく」という意識が高いと思います。自分が本気なら、必ずその意見に耳を傾けてくれる環境が、ここにはあります。

私自身、若いうちから大規模な案件に携わり、いろいろなことを経験することができました。また役職がついてからは、人をどのように動かすか?どのようにまとめていくのか?チームで目標を達成するとはどういうことなのか?といったマネージメント的な思考や経営的な思考を、実践から学ぶことができました。若いうちからこのような経験ができ、本当に良い環境だと思っています。

印象に残っている案件

以前携わったリフォームの案件で、あるご家族がとても印象に残っています。施主様が家族と一緒に過ごす時間をとても大切にされていて、打ち合わせの際には、娘夫婦やご友人など、いつもリビングに10名以上の人が集まっているようなお家でした。

そこの奥様が「誰かが夕食を食べている時は必ずダイニングテーブルに座るようにしている。いくら自分が食べ終わっていても、絶対家族の誰かを1人で食事させることはない。」とおっしゃっていたんです。奥様のお人柄や、家族を思いやる心にとても感動し、自分自身もそんな家庭を築いていきたいと思いました。

このように、お客様との関わりの中で教えていただくことはとても多く、さらにその感動をプランに反映させ、実現させることで、より最適なリフォームをご提供できるのが、この仕事の醍醐味です。今回も、家族で囲めるアイランドキッチンなど、ご家族の様子が常に感じられる間取りを提案し、とてもお喜びいただく結果となりました

仕事のやりがい

リフォームというこの仕事は、人(お客様)ととても深く関わる仕事です。それぞれの人の生き方や考え方に触れることができるのが、この仕事の面白みのひとつです!

私の仕事の原動力は、お客様からの「本当にリフォームして良かった。鈴木さんに出会えて幸運でした。ありがとう!」というお言葉です。
自分がプランしたお家が現実にカタチとなり、お客様に喜んでいただける・・・それが仕事をしていて何より嬉しいことであり、大きなやりがいを感じます!