人事部ブログ

建築あるある「面積と体積」パート①

皆さん、こんにちは!
CONY JAPAN採用チームです。

毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
こんな暑い日はクーラーが欠かせないと思いますが、
お家をリフォームすることで、クーラーの効率を上げる事も出来るんですよ♪
それについてはまた日を改めて。。。

さて、今回のテーマは、
「面積と体積」   です!

前回までに学んだ長さの単位を踏まえつつ、建築業界で使われる単位についてお伝えしていきたいと思います♪
今までの中で最も簡単なのでご安心を(笑)

今回、お話するのは
「㎡」(平方メートル)
「㎥」(立方メートル)  です!

皆さんよくご存知ですよね。
簡単におさらいしておくと、、、

何が特徴的かと言うと、この単位の「読み方」です!

建築業界では、
㎡=平方メートル=へいべい(漢字で書くと、「平米」)
㎥=立方メートル=りゅうべい(漢字で書くと、「立米」)

と読みます。聞いた事ある人もいますよね。
では、どういった時に使うかと言うと、、、
主に職人さんとの会話で使います。

㎡(へいべい)の場合、
<アドバイザー(以下アド)>
 「○○さん、□月△日に
  フローリング工事お願いしたいのですが、
  予定は空いていますか?」

<職人>
 「確認しますね!何㎡(へいべい)ある?」

<アド>
 「8㎡(へいべい)ほどです!」

<職人>
 「了解!じゃあ1日で施工できそうですね。
  予定も空いてますよ!」

といった感じです!
ちなみに、体積は主に工事で出た廃材について話す時に使います。

㎥(りゅうべい)の場合、
<アド>
 「今回の工事、廃材は何㎥(りゅうべい)出ましたか?」

<職人>
 「えっと、、、0.6㎥(りゅうべい)ほどですね!」

この会話、よくします(笑)
ぜひ、覚えてみてくださいね!
それでは、次回もお楽しみに♪