企業情報

数字で見る!CONY JAPAN社員の平均データなどでご紹介

※データはすべて2019年4月末現在のものです。

リフォーム業界は、近年他業種からも参入が相次ぎ、成長を続けています。一方で、広く認知される「リフォームといえば○○」というような、業界を代表する企業は未だないのも特徴です。そのため、CONY JAPANは「リフォームといえばCONY JAPAN」と認知していただけることを目指し活動しています。これまでの努力が評価され、近年では、順調に売り上げも伸び続けています。

これは、私たちが大切にしている理念です。ただ会社の利益を追求するのではなく、ひとつの仕事を通して「お客様」「協力業者」「社員」「会社」の四方が幸せになること、そしてお客様の夢をかたちにすることを追求しています。CONY JAPANではこの理念のもとに日々、全社員が事業に取り組んでいます。

CONY JAPANは2030年に、リフォーム業界での売り上げ日本一になることをめざしています。具体的には2027年に1,000億円を達成することが売り上げ目標です。2018年時点では、53億円。まだまだ成長の余地があり、新しく入ってくる皆さんの活躍の場が広がっています。

LIXILメンバーズリフォームコンテストの全国リフォーム部門で大賞を受賞するなど、CONY JAPANの持つデザイン力は社外からも高く評価されています。また、デザイン性の高さだけでなく、お客様が気軽にリフォームできるよう、水回り専門のブランド展開も行っております。お客様のニーズに幅広くアプローチしていることは当社の大きな特徴です。